季節の料理

山菜御膳
sansaigozen
山菜御膳

4月から6月頃…
収穫宿ならではの春限定の味を 温泉茹でに、和え物に、 佃煮風に、
特に、山菜盛合せ天ぷらは、 自慢の品

いよいよ山菜の季節の始まりです。まずは、ふきのとう・こごみ。運がよければかたくりも。ふきのとうの茎は佃煮にすると美味しい。 天然のわさびの茎も、わさび好きにはたまらない味。ぎぼうしの芽を食べられるのもこのころ。

たらの芽・こしあぶら・こごみ・山うど・ぎぼうし・山葡萄の芽のてんぷらが楽しめる。 あけびの芽もあじわえるかも。ぜんまいの季節。でも新物が口に入るのは干しあがってから。中旬〜終わりのほうではわらび、竹の子も楽しめる。

竹の子御膳
takenokogozen
竹の子御膳

6月から7月初旬…
野沢の山の最高級品(根曲がり竹)を 他では味わえないほど存分に楽しんで頂きます。 この期間は品数も追加!最高にお得です。

この時期の野沢に来たなら食べなきゃソン!5月の山菜に引き続き、本格的な竹の子の季節。惜しみなく高価な竹の子尽しの料理を満喫出来る。ふき・みずなもこの頃から。わらびもまだまだ楽しめます。                      

竹の子・ふき・とろろ(みずな) 春からの山菜が終わる季節。自家産の夏野菜がメニューに加わる。手作りのシソジュースも登場(ガンの予防に是非!)

夏野菜御膳
natuyasaigozen
夏野菜御膳

8月から9月初旬…
自家産の美味しい野菜を中心に、彩り豊かに取り揃えました。 朝採り野菜のお土産があるかも? この期間は品数も追加!最高にお得です。

きゅうり・ナス・オクラ・いも・豆・とうもろこし・ゆうがおなど、たくさんの素材を使った彩り豊かな料理。すいかも美味しくなる頃です(もちろん自家製)

ジャガイモ・きのこ類が美味しくなる季節 8日の祭礼には郷土料理のおもてなし。お見逃しなく!! 野沢菜のつみな、大根の間引きの菜飯がおいしい。

秋の味覚御膳
akinomikakugozen
秋の味覚御膳

10月から11月初旬…
天然なめこ、むせったなど、秋の味覚の盛り込み、野沢菜の間引き入り菜などの味も楽しめます。自家製秋野菜が美味しい時です。

野沢菜・大根の間引き菜が楽しめる。 くり、きのこなどの秋の味覚。 涼しくなってきたら、鍋料理の登場。

野沢菜漬けの季節(本漬けが食べられるのは、まだ先のこと) 天然なめこも口に出来る。 鍋が美味しく感じる頃。 大根・かぶ・サトイモも甘くて美味しい。 信州りんごの味もお楽しみいただけます。

鍋・冬野菜御膳
nabe・huyuyasaigozen
鍋・冬野菜御膳

12月から3月初旬…
からだあったまる鍋に、自家産の野菜をたっぷり。自家産野菜の味を中心に、バリエーション豊富な冬の料理をお楽しみ下さい。

野沢菜は、当座漬けから本漬へ。好評の大根の山葡萄漬けはオリジナル。 自家産の冬野菜をたくさん使った料理。 りんごを使った料理も美味しい。 スキーシーズンは、料理のボリュームUP!

1日の朝は郷土のお雑煮!たっぷりの天然ぜんまいの美味しさをどうぞ 15日は火祭り・・夜は振舞い酒のサービス。 野沢菜の1番美味しい時、お替り無料。 野沢菜炒めが御飯のおともに大活躍。

野沢菜は少し酸味が出てきます。野沢菜炒めも味わってみてください。 まだまだ鍋料理の美味しい季節です。鴨鍋も味わえます。 保存してある山菜の料理も自慢の味です。

 

その他のお料理など

小さい画像にマウスをのせると
大きな画像を見ていただけます。
(表示が変わらない方は、
java scriptをonにして下さい。)
四季を通して、魚は主に山の物を利用。刺身も、馬刺し・虹鱒・鯉などを味わっていただいております。
「鯉の旨煮」は当宿の自信作(要予約+300円)生きてる鯉を主人がさばき、2日かけてじっくり煮込みます。骨も柔らかく、癖もなく、大変好評です。但し、手間暇かかるため3日前までにご予約願います。